top
30周年記念事業

小川ライオンズクラブ、30周年、誠におめでとうございます。
想えば今から、30年前、東松山ライオンズクラブのスポンサーにより、昭和55年5月5日、チャーターメンバー50名で発足、あまりにも5並びの数字でありましたので忘れることはできません。
さて、この30年、世相はさまざまな変化をして来ました、特に先のアメリカにおける、リーマンブラザースの破綻により世界同時不況は今だに脱却できないと言っても良いのではないでしょうか、ダメージの大きさは計り知れません。
又、わが国に於いても、自民党に替わって政権を取った民主党の鳩山内閣も、政治と金の問題や沖縄の米軍基地の移転問題など、目先の事の対応が二転三転するなど発足半年となるのにどっしりとした政治が見えていません、特に経済再生は、言うは易く、先行き誠に不透明であります、である事から、他に頼ること無く、自らを立し先にすすむべきだしょう。
小川ライオンズクラブはチャーターメンバーが6名もいると伺っておりますし、発足当時の半数を超える27名が頑張っているなど敬服の至りです、そして、小川ライオンズクラブとして誇れることは、毎月の清掃作業や、年3回の献血運動だと思います。続ける事の厳しさと、難しさはあるにせよ、是非続けて下さい。諸兄の深い絆と小川ライオンズクラブの益々のご発展をご祈念申し上げ、祝辞といたします。

瀬将行 L.

WE-SERVEのモットーのもとで、会員となり30年立ちました。多数の異業種の友人が出来ました。
例会・理事会・委員会に出席するのが楽しみです、毎年変わる、会長のスローガンのもと、幅広いアクトが出来るのもうれしいことです、30年続いている毎月1回の清掃奉仕、年3回の献血奉仕は是非50年、100年と引続いでいきましょう、永遠に小川ライオンズクラブが続くよう祈念します

豊田  馨 L.

30周年にあたって。
 山々の木々が一斉に芽を吹き、心躍る季節になりました。30年前チャーターナイトてなんだ、キャビネットってなんだガバナーってなんだ。何もわからないで、はじまって30年がたちました。初代会長のご苦労は大変だったと思います、皆そろってバスで他のクラブのチャーターナイトに、見学にも行きました、チャーターナイトの会場も大きい施設がなく小川小学校の体育館で行いました、アトラクションも小川小学校の鼓笛隊にお願いして行ったと思います。
最初はライオンズの仕事もわからず、酒を酌み交わすことがおおかったと思います、そんな中からだんだんやるべき方向が見えてきたような気がします、時代とともに、奉仕の内容も変わってきたような気もします、知人も数名しかいず、不安でしたが、大勢のメンバーに寛容の精神でたすけられ、山のほうから出て行ってもなんとかやってこられました。

設立30周年を迎えて
 昭和55年5月5日、小川ライオンズクラブのチャーターナイト式典の日である、5が並んで非常に覚えやすい、メンバー四十七士、ついでに自分の電話番号も55番です、
当時携帯電話なんてなかったから、よく掛ける電話番号は暗記したものです。松本会長(後に小川町町長)、利根田第一副会長(後に県議会議員)、川口幹事、浅見家計まだまだ覚えています。当時33歳だった私にはライオンズクラブがとても新鮮でチャータメンバーに選ばれたことが大変誇りに思いました。
 昭和48年の第一次オイルショックを乗り越え高度成長が復活し、社会も仕事にもまだまだ夢とゆとりがありました。クラブ員の平均年齢も若く納涼例会、クリスマス例会等子供たちがたくさん参加しました。東秩父の納涼例会では槻川の一部を堰き止め虹鱒を放流し、子供たちと我々メンバーも一緒になってつかみ取りし、焼いて食べた事など楽しい思い出が沢山残っています。
 さて30周年です。平成22年、私より上のチャータメンバーは、松本 繁夫L.、内田L.、伊藤L.、高瀬L.、豊田L.の5名だけになりました、その分年下の新メンバーが増え総勢27名が現勢力です。平成の時代になり世の中は変わりました。新しい価値観の下、時代に合ったクラブ活動が期待されます。より以上に協力し、これからの未来に期待し小川ライオンズクラブの発展を祈ります。

中山 雅義 L.

初代会長・元小川町町長
    松本 繁夫

チャータメンバー記念寄稿

懇親会写真集

写真集

その後懇親会の会場ではジャズバンドの生演奏

記念式典
記念講演
写真集

吉澤紀子(よしざわのりこ)
2月27日生まれ。
東京生まれ埼玉育ち。
学生の頃よりポップス系のオリジナルバンドを結成。ライヴ活動を始める。ナタリー・コールとの出会いによりジャズに目覚め、以来ジャズ・ヴォーカリストとして研鑽を積む。現在、花岡詠二Cl、ボナ植木(ナポレオンズ)Magic&Vo、石井彰P、金澤英明B、Qいしかわ、清水絵理子、井上ゆかり、続木徹氏らとライヴ、各種イベント、パーティ等で活動中

おかげさまで、当小川ライオンズクラブも皆様のご支援、ご協力のもとで
30周年を向かえることが出来ました。

式典のなかで、事業の一環として
      小川町社会福祉協議会へ  多目的自動車 
      小川町日赤病院へ       車椅子
      東秩父村へ           保育園教材
      を寄贈しました。

プロフィール

松崎 菊也

top